同朋大学・名古屋音楽大学・名古屋造形大学の図書・情報センターの情報関連のWebサイトです

機材貸出[一眼レフカメラ]

名古屋造形大学図書館では、一眼レフカメラなど一部の機材の貸出を行っています。希望する学生は、下記の手順と注意事項をよく読み、受付に来てください。

貸出可能な機材

貸出手順について

  1. 学生証を持参し、図書館(カウンター)へ借りに来る。
  2. 図書館で貸出を希望する機材・台数を伝え、機材を借りる。
  3. 返却予定時間までに必ず本人が借りた機材を持参し、図書館へ返却。

持参するもの(必須)

注意事項

  • 貸出時と返却時に学生証が必要です。必ず持参してください。
  • 大学メールが設定済みの携帯端末を持参すること。貸出・返却不備などのトラブルが生じた際に携帯端末へ連絡します。
  • 借りた本人のみが使用し、返却時間を守ること。
  • 丁寧に扱うこと(水に濡らさない、強い衝撃を与えない)。
  • 紛失や破損・故障した場合は、速やかに図書館または情報センター[A205]へ知らせること。
  • 紛失・破損した場合は、個人で弁償してもらいます。

※ 注意事項・ルールが守れない場合、下記期間機材の貸出を停止とします。
[1回目: 1週間 | 2回目: 1ヶ月間3回目: 年度末まで

【紛失・破損・故障を防ぐためのルール】

  • レンズに装着されているプロテクター(保護ガラス)は絶対に外さない。
  • カメラケースは寝かせて置く(立てない)こと。
  • レンズ取替時は、異物が入らないように注意し、外したレンズにはすぐにカバーをつけること。
  • 返却前に必ず機材(No.)が全て揃っているか確認すること。

貸出・返却時間

図書館開館時間内
※図書館開館日時は名古屋造形大学図書館HPで確認してください。
※図書館開館時間は日によって異なります。また、急遽変更となる場合もありますので、機材を借りる際は必ず返却時間を確認するようにしてください。

実技授業での利用について

  • 実技授業開始直前は受付が混雑し、貸出に時間がかかります。時間に余裕を持って借りに来てください。
  • SDカードの貸出は行っていません。忘れた場合は研究室職員または担当教員に相談してください。
  • 実技授業終了後、図書館開館時間内に撮影・作業が完了しないと判断される場合は、宿泊貸申請を行い、翌開館日午前中に返却してください。

宿泊貸について

やむを得ない事情(卒業制作・課題制作など)においてのみ、宿泊貸を許可しています。
機材宿泊貸申請書に、担当教員のサインをもらって提出してください。
※「機材宿泊貸申請書」は図書館でお渡しします。

PAGETOP