同朋大学・名古屋音楽大学・名古屋造形大学の図書・情報センターの情報関連のWebサイトです

情報センターについて

  • HOME »
  • 情報センターについて

同朋学園大学部附属図書・情報センター(情報センター)

同朋学園の3大学(同朋大学、名古屋音楽大学、名古屋造形大学)は、それぞれ特色ある教育研究を行っています。そのため、その教育研究を支えるためのコンピュータ教室等の情報システムについても、その特色を反映したシステムを各大学ごとに整備しています。

その各大学ごとに特色ある情報システムを学園規模で結合する情報ネットワークインフラ「同朋学園情報ネットワーク(Doho Integrated Network System:DINS)」が整備されており、その運用管理を同朋学園大学部附属図書・情報センターの情報係(通称・情報センター)が担っています。

情報センターは「同朋大学」と「名古屋音楽大学」がある名古屋キャンパス、「名古屋造形大学」がある小牧キャンパスそれぞれに設置され、各大学ごとに整備している情報システムの運用サポートや、各大学で取り扱うシステム開発等を行っています。

同朋学園情報ネットワーク(DINS)

総合学園の可能性をさらに広げる学園内LANの構築。

情報ネットワークによる双方向コミュニケーションは「人と人のつながり」を願うものであり、同朋学園の建学の精神である「”共なる命”を生きる」と深くつながるものです。
同朋学園では1996年に名古屋キャンパスで学内LANの運用を開始して以来、LANの拡張とマルチメディア教室の整備をへて、現在では充実したネットワーク環境を実現し、授業に研究に、大いに活用されています。
インターネットによる教育・研究内容の公開にも積極的に取り組んでいます。

dinsimg

PAGETOP